ストレスケアマネジメント資格を取るには

メンタル心理ヘルスカウンセラーの試験の概要

現代社会は毎日の暮らしの中でも仕事や人間関係などで様々な緊張状態やストレスを抱えることが多い時代です。組織化された社会にあっても失敗は許されないなどの事情もあり、何らかのプレッシャーが存在した中で、人は生きています。

 

そういった中でストレスを抱えてしまうことで、自分の能力を発揮できなかったり、他人と上手く交わうことが出来なかったりすることも多いです。こうした社会にあって、ストレスケア、コミュ力アップ、円滑な人間関係を確立する上で期待されるのがメンタル心理ヘルスカウンセラーの試験となり、ストレスを管理できる能力を身に着けることができます。

 

受験の申し込み方法とその流れ

メンタル心理ヘルスカウンセラー認定試験を受験する上で必要な資格は存在せず、志一つがあれば誰でも受験することが可能な試験です。インターネットからの申し込みができ、在宅受験による方法で偶数月に実施されるため、決まった期間内に解答用紙を発送します。

 

そしてその評価として70%以上の評価を得ることで、その資格を取得することが可能です。人間関係の構築の仕方、コミュ力アップなどを課題とする内容もあり、仕事や自分のスキルアップにも活用することもできる試験となります。
またストレス社会を反映して、取得しておきたい資格としても人気が出ている特徴も見られます。

 

スキルアップ以外でも活用範囲が拡大

メンタル心理ヘルスカウンセラー認定試験は、スキルアップの一環として受験されることも多く、仕事での活用できるチャンスが増えています。例えば医療機関、介護・福祉施設、様々な職場の総務、健康機関などの仕事でも使うことができ、多くの方のコミュ力アップの向上に繋げる重要な担当を担うことができます。

 

もちろん自信がコミュ力がないことで悩んでいる場合に、コミュ力アップを果たすことができるのも魅力です。ストレスケアを管理することで精神疾患を予防出来たり、人生の充実にも結び付いていきます。このようにスキルアップ以外でも現場での活用範囲が拡大しているのも特徴です。

 

まとめ

メンタル心理ヘルスカウンセラー試験で学習したことは、そのまま自身だけでなく他人までもアドバイスできる様になることが優れています。現在のみならず将来もストレスに悩まれる方もいるはずで、そのケアを検討することは人が人生をより良く生きていく上では必要不可欠です。

 

人間社会にあっては、コミュ力アップと円滑な人間関係は相関関係も存在し、充実のための両輪ともなります。今まで悩んでいたことが学習することで解決することも珍しくなく、自身が解決できれば他の同じ様な悩みのある方を救うこともできます。このように他者にも貢献できる仕事や活動を展開できる魅力もあります。

 

 

 

関連ページ

人がストレスを感じる時の仕組み
ストレスを感じるのは脳の中の大脳辺縁系の篇桃体(へんとうたい)という部分です。ここには心地よい刺激と不快な刺激に反応する細胞が両方あり、この不快な刺激反応する細胞が刺激を受けることによってストレスが生じるという仕組みになっています。
自信をつければストレスは減る
ストレスケアにはストレスの原因を知ることが最も重要です。ストレスの原因には人間関係や仕事のプレッシャーなどが関係していることが多いですが、自分の力では不可能なことを求められた場合に感じるものです。
ストレスケアが生かせる仕事
ストレスによるメンタル疾患が、新聞や雑誌などで、度々取り沙汰されるようになってきました。
人間関係のストレスを減らす方法
現代の社会で生きて行く中では、ほとんどの人が多かれ少なかれ、他の人との関わりを持つことになります。