人がストレスを感じる時の仕組み

ストレスを感じるのは仕組みとは

ストレスを感じるのは脳の中の大脳辺縁系の篇桃体(へんとうたい)という部分です。ここには心地よい刺激と不快な刺激に反応する細胞が両方あり、この不快な刺激反応する細胞が刺激を受けることによってストレスが生じるという仕組みになっています。この刺激は脳の視床下部などを経て、自律神経や内分泌系にも影響を与えます。痛み、病気、湿度、温度、暴力、仕事、などが外部からの刺激となります。

 

ストレスは絶対的に悪いものではなく、適度な緊張を与えてくれることで、仕事に集中できるようにさせてくれたり、普段以上に実力を発揮させてくれることもあります。

 

ストレスケアが必要な時代

適度なストレスならいいのですが、現代社会は常にストレスがかかり、ストレスが過剰にかかる時代になっています。特に真面目で几帳面な人、嫌と言えない人、プライドが高い人や心配性の人だと、ストレスに押しつぶされてしまうこともあります。逆に、主体的、楽観的、外交的な人は自分自身を肯定する力を備えているので、ストレスに強いです。

 

このストレスに強い人になるための具体的な方法が、ストレスケアの資格を取ることです。ストレスカウンセラー認定試験というものがあり、感情とうまく付き合う方法、アンガーマネジメントなどの心理トレーニングなどを学ぶことができます。

 

コミュ力アップにも役立つ資格

ストレスカウンセラー資格は、コミュ力アップをしたい人や人間関係に悩んでいる人にも人気がある資格です。仕事の人間関係で悩んでいる人、コミュ力アップの仕方がわからない人には、ストレスカウンセラーを学ぶことで人間関係でどのような対応をするのが好ましいのかがわかるようになります。

 

最近では職場のメンタルヘルスも重要視されているので、スキルアップにも役立ちます。ストレスは一生付き合わなければいけないものですが、その原因にうまく対処できる方法がわかるので、心を鍛えたい人におすすめの資格です。

 

まとめ

脳の大脳辺縁系にある篇桃体という部位にある、不快な刺激に反応する細胞が外部からの刺激が加わることで、ストレスは生じます。ストレスは人間関係などの外部からの刺激で生じるので、一生付き合っていかなければいけないものです。ストレスフルな現代社会を生き延びるには、ストレスカウンセラーなどの資格を取得しておくのがおすすめです。

 

自分自身の怒りをコントロールするアンガーマネジメントなど、役立つ方法を学ぶことができます。メンタルヘルスが強化されているため、スキルアップ資格としても活用できる可能性があります。

関連ページ

自信をつければストレスは減る
ストレスケアにはストレスの原因を知ることが最も重要です。ストレスの原因には人間関係や仕事のプレッシャーなどが関係していることが多いですが、自分の力では不可能なことを求められた場合に感じるものです。
ストレスケアが生かせる仕事
ストレスによるメンタル疾患が、新聞や雑誌などで、度々取り沙汰されるようになってきました。
メンタル心理ヘルスカウンセラー資格を取るには
現代社会は毎日の暮らしの中でも仕事や人間関係などで様々な緊張状態やストレスを抱えることが多い時代です。
人間関係のストレスを減らす方法
現代の社会で生きて行く中では、ほとんどの人が多かれ少なかれ、他の人との関わりを持つことになります。