ストレスケアが生かせる仕事

職場におけるストレスケアの現状

ストレスによるメンタル疾患が、新聞や雑誌などで、度々取り沙汰されるようになってきました。上司が部下に長時間労働を強要したり、暴言を繰り返すなどのパワハラは、相手に大きなストレスを与えるだけでなく、自律神経を乱すことにもなり、メンタル疾患を引き起こしてしまえば、長期休養や退職の事態にもなりかねません。

 

そこで、各企業はストレスケアの重要性にようやく気づき、本格的に導入しているのが実態です。今後は、全ての職場で実践されることになりますから、ビジネスマンのスキルアップにも必須となってきたのです。

 

ストレスケアがより生かせる仕事とは

ストレスの大半は、人間関係に起因していると言われています。したがって、どういった職種であっても、職場には人間関係は存在しますから、ストレスケアを生かせる仕事は無数にあるとも言えます。中でも接客業は、ストレスが溜まりやすい職種だと言われていますから、コミュ力アップは必須です。

 

ただし、接客業が他の職種と異なるのは、人間関係の相手が会社に人間ではなく、お客様であるという点です。そのため、理不尽な要求に対しても反論することができず、また、万一反論しても、上司から叱られてしまうことから、ストレスが溜まりやすいのです。

 

ストレスケアが生かせる役職とは

ストレスケアが生かせる役職でいうと、中間管理職が一番にあげられます。実は、ストレスケアに関する資格には「メンタル心理ヘルスカウンセラー」というものがあります。

 

そのくらい、中間管理職はストレスを受けやすく、また、部下社員の動向を把握して、ストレスに圧迫されそうな社員を守る役目もあります。したがって、中間管理職のコミュ力アップは必須であり、ビジネススキルアップのために、自己啓発に取り入れ、実際に資格を取得している人も少なくありません。

 

まとめ

どのような職場にも人間関係は存在しますから、ストレスを受けることはあります。したがって、コミュ力アップは必須であり、ストレスケアを生かせる仕事は、全ての職種にあると言えます。その中でも、接客業はお客様との人間関係が他の職種とは異質であり、理不尽な要求にも絶えざるを得ないことから、ストレスが溜まりやすく、よりストレスケアを生かせる仕事だと言えます。

 

また、ストレスケアを生かせる役職としては、中間管理職があげられます。というのも上司だけでなく、部下社員をストレスから守る役割もあることから、自己啓発として取り組み、資格を取得するなどのスキルアップに努めている人も少なくありません。

関連ページ

人がストレスを感じる時の仕組み
ストレスを感じるのは脳の中の大脳辺縁系の篇桃体(へんとうたい)という部分です。ここには心地よい刺激と不快な刺激に反応する細胞が両方あり、この不快な刺激反応する細胞が刺激を受けることによってストレスが生じるという仕組みになっています。
自信をつければストレスは減る
ストレスケアにはストレスの原因を知ることが最も重要です。ストレスの原因には人間関係や仕事のプレッシャーなどが関係していることが多いですが、自分の力では不可能なことを求められた場合に感じるものです。
メンタル心理ヘルスカウンセラー資格を取るには
現代社会は毎日の暮らしの中でも仕事や人間関係などで様々な緊張状態やストレスを抱えることが多い時代です。
人間関係のストレスを減らす方法
現代の社会で生きて行く中では、ほとんどの人が多かれ少なかれ、他の人との関わりを持つことになります。