コラム一覧

日本のストレス社会は深刻

日本のストレス社会は深刻な状況になっていて、ストレスケアは社会的な課題といえます。そのため、ストレスチェックが大企業に義務付けられるなど、国家レベルでの対策が考えられるようになりました。ストレスは人間関係があるところでは、必ず感じることになるものですが、ストレスケアをすることで、コミュ力アップや人間関係を円滑にすることも出来るようにもなります。

 

上手くマネジメントするとスキルアップなどの動機ともなりますから、今の時代には欠かすことが出来ない、一つのケアということがいえるでしょう。

 

警官にもストレスケアが必要

警官のような仕事もストレスがたまる仕事です。特に警官は治安を維持するという社会的な責任も負っているので、凶悪な人や話を通じない人に対しても穏便に事をおさめさせるという難しい対応が必要とされるので、ストレスがたまりやすいということになります。コミュ力アップが必須の仕事ともいえるでしょう。

 

一見人間関係ではないようにも見えますが、常に人と接する仕事ですから、特にストレスがたまることになる仕事でもあります。それだけに対人関係のスキルアップはとても大切で、同時にストレスに対してケアすることも大切な仕事となります。

 

医師にもストレスケアが必要

医師は人の健康を左右するとても大切な仕事をしていますから、それだけにストレスがたまりやすい仕事です。人間関係を円滑に保ちながら、本人や周囲に厳しいことも言わなければならないですし、命に係わる仕事をしているわけですから、これでストレスがたまらないわけはありません。

 

人の命がかかっているわけですから、それをわかりやすく伝えながらも、心のケアまでする必要もあるということで、常に患者や周囲の人との気遣いの中で仕事をすることになります。それだけに、コミュ力アップは必須でストレスケアも必要となるわけです。

 

まとめ

日本は世界でも有数のストレス社会ですから、人間関係などで大きなストレスが発生する社会となっています。それは警官や医師のような仕事をしている人でもあることで、こうした人たちのケアも大切なことになっています。

 

今は大企業にはストレスチェックが義務付けられるようなことにもなり、このストレスケアの重要性については政府も認識をするようにもなっています。
人間関係を円滑にすることが出来れば、モチベーションアップに繋がったり、生きがいにつながったりとプラスの効果も大きなものとなりますから、ストレスケアは大きな意義があるといえるでしょう。

関連ページ

深層心理を自己分析しよう
ストレスの原因として、最も大きなものが人間関係です。職場や学校、家庭でも自分一人で成り立つことはありませんから、何らかの人間関係が成立するのですが、同時にストレスを受けてしまいます。
ストレスに強い自分を育てよう
ストレスに強い人はストレス耐性に優れた人ということになります。ストレス耐性には6つ種類があり、ストレスの感知、回避、処理、経験、容量、転換の6つです。
人間同士のコミュ力アップで仕事も効率化
職場の人間関係の良し悪しが、職場の業績に大いに関係することは、ずいぶん以前から検証されていましたが、その改善策であるストレスケアの実施状況については、濃淡があるのが実態です。
ストレスの仕組みと軽減方法
ストレスというと、ネガティブな意味に捉える人が大半ですが、その仕組みは、良いことも含め、心や体に何らかの刺激を受けた状態のことを指します。したがって、ストレスを感じない人は感受性がない、無感情な人間ということになります。
仕事で起こるストレスの解消方法
働いていると、どうしても自分の思う通りに進まないということが多くなってくるものです。そうなると不満や納得できないことが積み重なっていき、ストレスとして蓄積してしまうことになります。目に見えないものではありますが、ストレスは体にも大きな影響を与えてしまうものです。
家庭で起こるストレスの要因と軽減方法
ストレスは至る所に存在します。最も長く居る場所である家庭内でのストレスは早急に対処しないとダメージが大きくなるので、適切なストレスケアが必要です。
他者の評価と自己評価を区別しよう
人間は他人の性格は理解していても、自分の事はあまりよく分かっていないものです。自信過剰な人もいれば、自己を過小評価してしまい本来持っている力を発揮できない人もいます。
ビジネススキルアップにもストレスケアは必須
ビジネスマンにとって、人間関係におけるコミュ力アップは、会社で生き残るためには必須のスキルであり、自己啓発に取り入れている人も数多くいます。
接客業のスキルアップに最適
職場で働いている以上、誰もがストレスを受け、誰もが一生懸命、それに押し潰されないように頑張っています。
カフェやレストランで生かせるスキル
ストレスケアは様々な業種において、ストレスは起こり得ますから、とても大切なスキルですが、とりわけカフェやレストランで生かせるスキルだと言えます。
ホテルやリゾート地でも役立つスキル
ストレスケアの技術や知識はどこでも役立つものです。人間関係が必要な所には必ずストレスがかからりますから、ホテルやリゾート地でも当然役立つスキルとなります。
教育でも工夫すると良いストレスケア
ストレスケアというと、職場の人間関係に起因するものを連想しがちですが、実は成人だけでなく、学生や高齢者においてもストレスは大きな問題です。
意思疎通しやすくなる話し方
社会で生きていくのであれば、他人と会話をすることは頻繁に起こるものです。そのため、人間関係を円滑に進めるには、意思疎通がしっかりできていることも重要になります。
他人をイライラさせない話し方講座
仕事のできる人は尊敬されます。それと同じようにコミュニケーションの能力の高い人も重宝される時代です。特に後者は仕事を離れた人間関係の中でも発揮されるものなので、周りには絶えず人が集まってきます。そんな事もあり、現代はコミュ力アップを目的とした講座もあるほどです。
子どもにイライラする時のメンタルケア
子どもにイライラしてはいけないと分かっていても、自分の心にゆとりがない時や、わがままがひどい時など子どもに当たってしまい、自己嫌悪に陥った経験を持つ方は多いはずです。
パートナーにイライラする時のメンタルマネジメント
同じ屋根の下に人間が二人以上いれば、もうすでに立派な人間関係です。いくら最初は仲良くしていても、じょじょに相手の嫌なところが見えてきます。
集中力が保てない時の原因はイライラかも!?
集中力を保とうとしても、そわそわしたりイライラしたりしてなかなか続かないということがあります。
ストレスに強くなれる習慣
現代社会で生きていく上では様々なストレスを受けることとなります。ストレスを避けがたい以上、どうやってコントロールするかが重要となります。
笑顔を増やしてストレス軽減できる
笑顔は人間関係を円滑にしてくれる効果があります。怒った顔の人と一緒にいるとそれだけで気疲れをしてしまったりストレスを感じてしまうことがあります。
マイナスの気を持つ人は避けよう
社会生活の様々な局面において、ストレスに繋がりやすい要素は数多くあります。 それらをうまくコントロールしていく事で、総合的なストレスケアにも繋がっていきます。
風水的な行動でストレスを遠ざけよう
風水的な行動によりストレスを避けることが出来ます。ストレスとうまく付き合うストレスケアは自分でも出来ます。
睡眠の質を高めてストレスケアできる
睡眠は体を休ませるにあたって必要不可欠な行為であり、質が悪いと疲労回復が遅れ、脳の思考などにも影響を及ぼします。感情のコントロールも難しくなり、人間関係などにおいても悪化の原因を作ってしまいます。
程々のストレスは健康維持に欠かせない
ストレス社会と言われる現代では誰もがストレスを感じながら生活していますのでストレスは体に良くないということは誰もが知っていることですし、ストレスケアを行うことは現代社会で健康に生きていく上では非常に大切なことです。
利き手と逆の手を使って鬱っぽさを軽減
現代社会はストレスと常に隣り合わせだと言われています。そんな世の中ですので、ストレスケアはもう必須と言って良いものと言えるでしょう。