カウンセラーになりたい!カウンセラー資格取得情報まとめ

自分でメンタルケアするのに役立つ情報

 

ストレスを受ける原因

人間関係や仕事の勤務状態など、人によってストレスの種類やダメージの大きさも変わってきます。

 

ストレスケアとは

ストレスによって心身に何らかの支障をきたすような状況になった時に、その辛い症状を様々な方法で軽減させることです。

 

メンタルの不調状態には3つの段階

第1段階が「不安」、第2段階が「精神疾患の予兆」、第3段階が「精神疾患」です。

 

 

 

ストレス社会と言われる現代では、学校や職場など様々な場所でストレスを抱えることが多くなります。
ストレスを受ける原因は様々で、人間関係や仕事の勤務状態など、人によってストレスの種類やダメージの大きさも変わってきます。

 

特に、ダメージの大きさにおいては、場合によっては心身が乱れるほどの大きなストレスを受けることもあり、ダメージが大きくなればなるほど心身に大きな悪影響を与えてしまいます。

 

大きなストレスを抱えてしまうと、自律神経のバランスが不安定になり、日常生活に支障をきたすこともあります。社会人の場合、仕事を長期間が休むことになると、会社や同僚に迷惑をかけることになるため、多少体調が悪くても出勤せざるを得ない状況になってしまいます。

 

ストレスは、ダメージの大小に限らず、現代社会に生きる多くの人が抱えています。その中において、いかに自分のメンタルをコントロールできるかで、日常生活を快適に過ごせるかどうかが決まってきます。ストレスを抱えていても毎日それなりに楽しく過ごせる人は、自分でストレスケアができていることです。

 

ストレスケアとは、ストレスによって心身に何らかの支障をきたすような状況になった時に、その辛い症状を様々な方法で軽減させることです。

 

つまり、効果的なストレス発散によって心身をリフレッシュさせることをいいます。ストレスによる症状が軽度であれば、自分自身でストレスケアを行うことも十分に可能です。
自分でストレスケアを行うのに役立つ方法は、「自分の精神状態を知る」ことです。

 

自分がい今どのような精神状態になっているのかを把握することで、その後のストレスケアを効果的に行うことができます。

 

メンタルの不調状態には3つの段階があります。第1段階が「不安」、第2段階が「精神疾患の予兆」、第3段階が「精神疾患」です。

 

  • 第1段階の「不安」状態は、人間関係・仕事・家庭・病気・育児などの悩みや、事件や災害の被害などから起こります。
  • 第2段階の「精神疾患の予兆」では、不眠・気分の落ち込み・食欲不振・集中力の欠如・やる気が出ない、などの症状が現れます。
  • 第3段階の「精神疾患」とは、不安障害・うつ病・パニック障害・強迫性障害・PTSD・統合失調症などです。

 

第1・2段階であれば、自分でもストレスケアを行うことが可能ですが、第3段階は精神病となるため、医師の診断のもとで専門的治療を行う必要があります。

 

気持ちの整理術でストレスケアしよう

 

ストレスケアの方法

自分の気持ちを整理してポジティブな方向へ気分を転換させていきます。

 

他人と比較するようになったら

「ありのままの自分で良い」と思うようにしてみましょう。

 

自分が自分らしくいるため

自分を肯定してあげることがとても重要なのです。

 

では、実際に自分でストレスケアを行っていくにはどうすれば良いのでしょう?
自分のメンタルを不調にしているストレス原因を把握したら、早急に対処することが大切です。

 

それは、時間が経てば経つほど症状が悪化する可能性があり、精神疾患へとつながってしまう可能性があるからです。

 

ストレスケアの方法としては、自分の気持ちを整理してポジティブな方向へ気分を転換させていきます。それは、否定することを止め肯定することです。

 

気分が落ち込んでいると、「自分はダメな人間だ」「自分が居るからいけないんだ」などと、自分を否定するようになります。この状態が続くこと、うつ病などの精神疾患へとつながってしまいます。そのため、自分を責めるような考えをするようになったら、自分を肯定するよう努力してみましょう。

 

例えば、他人と比較するようになったら、「ありのままの自分で良い」と思うようにしてみましょう。また、自分はダメな人間だと責めるようになったら「自分もなくてはならない存在なんだ」と思ってみましょう。

 

大人になるにつれ、学業や仕事などで競争することも多くなり、このような環境にいるとつい周囲の人間と自分を比べてしまいがちになります。

 

切磋琢磨していくことは大切ですが、周囲と比べたことで自分が劣っていると感じた時、それはストレスに変わることがあります。しかし、人間は十人十色であり、同じ人間は一人としていません。「人は人、自分は自分」であり、他の誰かと一緒でなくて良いのです。

 

失敗することは誰でもありますし、失敗することは劣っているわけではありません。むしろ、失敗することで次の大きな成功につながることも多々あります。
ストレスによって気持ちが不安定になった時には、一度自分の気持ちを整理してみましょう。

 

そこで、自分を誰かと比べたり、自分がいけないと責めていると気付いたときには、毎日でも毎週1回でも良いので、ストレスを向きあっている自分を存分に褒めてあげましょう。

 

自分が自分らしくいるためには、自分を肯定してあげることがとても重要なのです。「これでいいんだ」と思えることで、前向きな気持ちに転換することができるのです。

 

人間関係のストレスも軽減できる

 

ストレスケアの目的は、乱れてしまったライフスタイルを改善させることです。

 

学校や会社などでは、毎日同じ人たちと決まった時間を過ごすことになり、そこから様々な人間関係が生まれていきます。

 

人間関係が良好であれば毎日を楽しく過ごすことでき、仕事や学業にも力が入ります。一方、人間関係が悪化していると、毎日が憂鬱になり気分が落ち込みがちになります。

 

このような時に、ストレスケアが行えれば沈んだ気持ちも軽くなり、前向きに転換することができます。人間関係に悩んだ時には、信頼できる人に相談してみましょう。

 

人に話すことで、メンタルが悪化するのを早い段階で回避することができます。人に話すことで、今の状況や自分の考え方が整理されるため、物事を客観的に捉えることができるようになります。

 

ストレスを感じると、何度も「自分はダメな人間だ」と思うようになり、自分で自分を暗示にかけてしまい周囲のアドバイスなども聞き入れなくなってしまいます。ストレスケアでは、このような状態になる前に誰かに話すことで、今までの不安を吹き飛ばすことができます。また、周囲の人のアドバイスにも耳を傾けることができるようになります。

 

不安で不安定な気持ちに寄り添い、自分のことを認めて価値ある存在だと気付かせてもらうことで、肯定への欲求が満たされて満足できるようになります。これを自己重要感と呼び、自己重要感を得るためには大きな肯定・承認の欲求を満たす存在が必要となるのです。

 

人間関係のストレスは、自分の中で溜めこんでしまうことが多く、コミュニケーションが取れていないことがほとんどです。そのため、言いたいことが言えずストレスを抱えてしまうのです。

 

これを防いで人間関係をより良いものにしていくためには、コミュ力アップを心がけることです。

 

コミュ力アップには以下の3つがポイントとなります。
@自己主張をする:自己主張とは相手を論破するような攻撃的なものではなく、お互いの気持ちを尊重しながら主張することです。
A本来の情報を無意識に変えていることを認識する:人間は自分の気持ちを伝える際に、自然と話を省略・歪曲・一般化しています。このことを把握しておくと、物事を客観的に捉えられるようになります。
B物事の視点を変える:物事を客観的に捉えられると、あらゆる視点から考えられるようになります。

 

これが習慣化されると前向きになりコミュ力アップにつながります。

 

全てのストレスに強くなる方法

 

あらゆるストレスに対して強くなるためには、「3つのR」を取り入れて行動すること効果的です。この3つのRとは、「Rest=休養」・「Recreation=娯楽」・「Relax=癒し」です。

 

Rest=休養:ストレスマネジメントにおいて、ストレスは心身におけるエネルギーの消耗だとされています。休息を取ることで心身のエネルギーが補充され、元気が出てきます。心身が疲れている時には、しっかりと休息と睡眠をとりましょう。

 

Recreation=娯楽:趣味がある人は趣味を存分に楽しんだり、気分転換に旅行に出かけるなど、心身をリフレッシュさせます。こうすることで、頭の中をストレスから切り離すことができます。

 

Relax=癒し:ストレスで不安を抱えていると気分が不安定になり、心身が常に緊張した状態になっています。

 

この状態が長く続くと、自律神経が乱れて体に不調が現れてきます。リラクゼーション施設などを利用して心身の緊張を解きほぐすことで、常に頭から離れなかった不安などが消え去り、気持ちが楽になります。

 

この3つのRを実践することで、不足してしまった心身のエネルギーを補充することができ、満たされた気持ちになってきます。

 

3つのRを実践すると共に、生活習慣も見直すことが大切です。ストレスケアでは規則正しい毎日を送ることも重要となってきます。中でも、睡眠・食事・運動は毎日行うようにしましょう。

 

ストレスが強くなると、良質な睡眠が取れなくなるほか、食欲が減退するため栄養バランスの取れた食事ができなくなります。この状態が続くと、エネルギーが作れなくなるためやる気がなくなります。また、自律神経が乱れることでホルモンバランスが崩れ、免疫力が低下してしまいます。すると、病気に罹りやすくなります。

 

質の高い睡眠をとるには、寝る2時間前にはパソコンやスマートフォンの利用を止める、部屋を暗くして騒音をシャットアウトする、寝る前に5分〜10分程度の瞑想をする、などを取り入れます。

 

栄養バランスの良い食事とは、甘いものや脂っこい食事、過度なアルコールを避け、3大栄養素にビタミン、ミネラルを加えた食事が最適です。

 

運動は、ウォーキング・ジョギング・サイクリングなどを、1日15分〜30分を週3回程度行うと良いでしょう。

 

あらゆるストレスに対して強くなるためには、「3つのR」を取り入れて行動すること効果的です。この3つのRとは、「Rest=休養」・「Recreation=娯楽」・「Relax=癒し」です。

要点を紹介するキャラクター

 

メンタルケアに役立つ資格ランキング

メンタルケアに役立つ資格としては、心理カウンセリングに関する資格があり、その種類は様々です。その中でメンタルケアに効果的な資格をいくつかご紹介します。

 

メンタルケアに役立つ資格を取得することで、自分自身のストレスケアが行えるほか、コミュ力アップが期待できるため、ストレスに悩む人たちのカウンセリングも行えるようになります。

 

ここでは、メンタルケアに役立つ資格ランキングの第3位から第1位までをご紹介します。

 

画像名を入力

メンタル心理ヘルスカウンセラーの特徴

この資格は、日本メディカル心理セラピー協会が認定する民間資格で、主に精神疾患の予兆がある精神状態の患者さんに、その状態から改善させてあげるのが目的です。

総合評価 評価4.5
使いやすさ 評価4.5
掲載情報量 評価4.5
メンタル心理ヘルスカウンセラーの総評
  • 心理学の基本的な事から学ぶ
  • 心理的ストレスが招く症状や、その要因、回復するための治療法
  • 生活で心理学を役立てたい人
公式サイトへ

 

画像名を入力

メンタル心理インストラクターの特徴

この資格は、心理カウンセリングを中心とした相談や援助に関する知識や技術、カウンセリングに関する倫理、インテーク(相談者から事情を聞く、ケースワークの第1段階)面接、共感し理解する能力など、様々なカウンセリング能力を身に付けることができ、一定のレベルにスキルアップすることで取得できます。

総合評価 評価4
使いやすさ 評価4
掲載情報量 評価4
メンタル心理インストラクターの総評
  • 心理カウンセリングを中心とした相談や援助に関する知識や技術
  • カウンセリングに関する倫理
  • 様々なカウンセリング能力を身に付ける
公式サイトへ

 

画像名を入力

メンタル心理ミュージックアドバイザーの特徴

この資格は、音楽がもたらすリラックス効果を、心身の健康維持に利用するためのアドバイスを行うのが目的です。

総合評価 評価4
使いやすさ 評価4
掲載情報量 評価4
メンタル心理ミュージックアドバイザーの総評
  • 音楽がもたらすリラックス効果を、心身の健康維持に利用する
  • カウンセリングに基づいて今の精神状態に最適な音楽を提供し、効果的なストレスケア
  • 介護施設や医療施設などでの需要が高い資格
公式サイトへ
【第1位:メンタル心理ヘルスカウンセラー】

この資格は、日本メディカル心理セラピー協会が認定する民間資格で、主に精神疾患の予兆がある精神状態の患者さんに、その状態から改善させてあげるのが目的です。

 

【第2位:メンタル心理インストラクター】

この資格は、心理カウンセリングを中心とした相談や援助に関する知識や技術、カウンセリングに関する倫理、インテーク(相談者から事情を聞く、ケースワークの第1段階)面接、共感し理解する能力など、様々なカウンセリング能力を身に付けることができ、一定のレベルにスキルアップすることで取得できます。
心理カウンセリングに関するあらゆる知識が身に付くため、スキルアップしいていくことで講師などの職に就くこともできます。

 

【第3位:メンタル心理ミュージックアドバイザー】

この資格は、音楽がもたらすリラックス効果を、心身の健康維持に利用するためのアドバイスを行うのが目的です。
音楽には心理的癒し効果があるとされており、カウンセリングに基づいて今の精神状態に最適な音楽を提供し、効果的なストレスケアに貢献します。
主に介護施設や医療施設などでの需要が高い資格です。患者さんに適した音楽を提供するため、スキルアップすることでコミュ力アップも期待されます。

 

ストレスを抱えている人が多い現場で活躍することができ、医療施設や福祉施設、一般企業、学校などに設置されるカウンセリングルームなどで確約することができます。資格取得後の活躍の場が幅広いため、スキルアップしていくことで また自分のストレスケアにも役立つ、需要のある人気資格です。

 

どの資格も、ストレスに悩む患者さんの役に立つことができ、更に自分のストレスケアも行える資格となっています。

 

一番オススメなのは「メンタル心理ヘルスカウンセラー」

メンタルケアに役立つ資格で最もおすすめ
心身を健康的に保つための管理方法
心理教育プログラムを身に付ける

メンタルケアに役立つ資格で最もおすすめなのは、「メンタル心理ヘルスカウンセラー」です。

 

メンタル心理ヘルスカウンセラーは、ストレスを抱えることで精神面・体力面においてどのような悪影響を与えるのかを把握し、それを改善させるために適した対処法や、心身を健康的に保つための管理方法などを身に付けることができます。

 

その資格を取得することで、感情と上手く付き合うことができるようになるほか、アンガーマネジメントなどの心理トレーニングを通じて、ストレスを解消する方法などを身に付けることができます。

 

アンガーマネジメントとは、衝動的に起こる怒りやイライラなどの感情を、上手くコントロールできるようにするための心理教育プログラムのことです。この心理教育プログラムを身に付けることで、イライラや怒りを自分で管理することができるようになり適確にストレスを解消することができます。

 

また、アンガーマネジメントではコミュニケーションの技術も身に付けるため、効果的に問題解決を図ることができるほか、自分自身もコミュ力アップへとつなげることができます。

 

メンタル心理ヘルスカウンセラーは、現代社会で起こり得る様々なストレスに対して、その原因を明確にして対処できる豊富な知識と、それを実践できる能力を兼ね備えた人に対して認定されます。特に、対人関係に悩みを抱いたり、コミュ力アップを望む人などに人気の資格です。

 

メンタル心理ヘルスカウンセラーを取得するには、認定試験を受けて合格する必要があります。
・受験資格:特にありません。
・受験申込:インターネットからの申し込みとなります。
・合格基準:70%以上の評価が必要です。
・受験料:税込み10,000円です。
・認定試験:年に6回(平成29年は2月・4月・6月・8月・10月・12月)実施されます。
・受験申込期間:試験開催月の前の月1日〜末日までです。(平成29年12月開催の場合1は1月1日〜30日)
・試験期間:試験開催月の20日〜25日の5日間(平成29年12月の場合は12月20日〜25日)
試験の申し込みは、JAAMP(日本メディカル心理セラピー協会)の公式サイトから行えます。

 

カウンセラー資格はこちら

まとめ

様々なストレスを抱えている現代人にとって、自分でストレスケアを行うことは、自分らしく生きいていくためにとても大切なことです。

 

しかし、実際にストレスを抱えてしまうと、自分は無能だと感じて自分を責め、傷付けてしまうようになってしまいます。このような状態が続くと精神疾患にまで発展し、自分の力では改善することが難しくなります。

 

ストレスケアを効果的にするためには、早い段階で対処することがとても重要となります。

 

そこで、効果的にストレスケアを行うことができる資格を取得することが有効となります。ストレスケアに役立つ資格としては、心理カウンセリングに関する資格があり、その種類は様々です。

 

人気ランキングでは、第1位がメンタル心理ヘルスカウンセラー、第2位がメンタル心理インストラクター、第3位がメンタル心理ミュージックアドバイザーとなっています。どの資格も、現代社会では需要があり、スキルアップをしていくことで幅広く活躍できる資格です。

 

また、ストレスの原因を的確に把握して、それに効果的な対処法も導くことができるようになります。アンガーマネジメントなどの心理トレーニングも学ぶため、それを活用することでコミュニケーションが苦手な人もコミュ力アップが期待できます。

 

メンタル心理ヘルスカウンセラーを取得して、感情のコントロールができるようになると、自分自身がストレスを感じてもそれを的確に解消させることができるようになり、メンタルの不調状態を第1段階で留めることができるようになります。

 

自分の気持ちを確実に整理できるようになれば、その経験を活かして心理カウンセラーとしても活躍ることが可能です。ストレス社会でもある今の時代では、多くの人達が大なり小なりストレスを抱えています。

 

ストレスを抱えた人の中には、自分自身で解消できない人もいます。そうした人たちを助けて、また自分らしく生きていける手助けができる最高の資格と言えます。